ネットに出ていない土地情報は存在するのか

世の中にはネットに出ていない土地情報は存在するのかというテーマ

通常、売却不動産の情報があれば不動産業者が売却希望者から物件の販売を依頼され、

媒介契約書という書類を締結した後、5日以内にレインズという不動産会社間の共有ネットワークに

登録しなければならないことになっています。

だたし、今回見学した土地は売却不動産ではありますが、売却物件にはまだなっていない土地です。

ですので、詳しい場所はお伝えできませんが、福岡県京都郡苅田町にある造成予定地の見学に行きました。

現時点では、ネットや広告などに掲載されていないので、あくまでも予定地です。

現在は田んぼの状態ですが、これから不動産業者が土地を仕入れて造成工事をしていくのではないかと思います。

田んぼですので、土をどこかから持ってきて埋めて、車が通れるように進入路を作って舗装して、

きれいな整備された土地にしていくのでしょう。

造成工事は膨大な費用がかかりますが、出来上がれば多くの方が気に入るきれいな分譲地になります。

北九州市小倉南区にほど近い場所にあり、小倉方面の通勤や、

苅田町の自動車メーカー2社の工場に近く、また北九州空港へのアクセスが非常によいエリアです。

レインズに掲載されるとすぐに売れてしまう分譲地かもしれませんね。

 

関連記事

  1. マニュアルのない不動産 再建築のための地主様交渉

  2. ホームページ開設しました。

  3. 売却査定 私道負担 メリット デメリット

  4. 売土地情報 小倉南区東貫1丁目 新規登録のお知らせ。

  5. 苅田町若久町2丁目 新規登録のお知らせ。

  6. 福岡県行橋市行事の土地見学